高齢者が住みやすい家

若いうちは階段や手すりなどなくても移動に不便はないのですが、高齢になるにつれほんの少しの段差でもつまづき転倒してしまいます。退職を機に家をバリアフリー住宅にリフォームする人も少なくないと言います。また歩行の手助けとなる手すりの設置も同時に行うといいでしょう。階段はもちろん廊下やトイレ、浴室にも必要な箇所に設けておうと住宅内での転倒やケガを防げるのです。

また室内ドアにも配慮すると生活のしやすさはアップすると思います。軽いドアにしてほんの少しの力で楽に開閉できると高齢者にとっては非常にありがたいことなのです。私の祖母は病気で車イス生活となった際、家をリフォームしました。健康体の時には何ともなかったことが、不自由と感じドアを開けるという簡単な動作でさえ人の手を必要としていました。祖母の思いの中にはできることはなるべく自分でしたいという強い意志があったのでリフォームすることで祖母が生活しやすいようにしたのです。

段差をなくし、手すりを設け、よく使用する室内ドアも変えました。リフォーム後は生活しやすくなり祖母にも笑顔が増えてきました。介護される側はもちろんのこと介護する側にとっても介護しやすい住宅にすることの大切さもそこで気づきました。トイレや浴室にも介助が必要でした。車イスが通る幅の廊下やドアの開口部分はもちろんのことです。家造りをする際には自分達もいずれ高齢になることや、体が不自由になった時のことも頭の隅に入れておくことも必要なのかもしれません。

プライベート空間

最近よく住宅展示場を見に行くようになり、主人との会話の中心もマイホームのことばかりのような気がします。私の周りにも新築住宅を建てる友人が増えてきて、主人も早くマイホームを購入したい様子で我が家もついに新築住宅を建てる準備を始めているところです。今はどのような家にするのか意見を出し合い方向性をしっかり決めているのですが私が唯一お願いしているのがプライベートな空間を造ってほしいということです。

それはキッチンの一角にパソコンができるスペースを設け、家事の一息つく場所としてや、ネットで検索したレシピを見ながら調理できるようにするためです。キッチンの一角に設けることでリビングにいる家族の気配を感じることもできるので安心して居られると思ったからです。そのスペースは決して私だけが使用するというわけではなく、主人の書斎代わりにすることもできれば、子ども達が小学校に行き出して宿題をするちょっとした勉強机としても活用できるようにしたいと考えています。

もちろん夜でも使えるように照明を設置し、アンティークな木材を使用しサイズがピッタリな備え付けのデスクを設け、併せて飾り棚も設けてオシャレなプライベート空間にしたいと考えています。そこで使用するイスはデスク下にスッポリ収納できるようにするとイスで足をぶつけることもなく空間をスッキリさせることもできます。主人にこのことを伝えると大賛成してくれました。マイホームに自分だけの広々としたプライベートな空間は造れませんが、多目的に使用でき、自分も寛げるスペースは設けておきたいものです。

リビング収納

家族が長時間過ごすリビングは、物が集まる場所でもあります。このリビングにこそ収納を充実させておき、物が散らかりにくく、過ごしやすく快適な空間を得られるようにしておきましょう。最近では、リビングのテレビ台など壁面収納と一体化させた造りにして、オープンシェルフに仕上げて見せる収納棚として、インテリア性を兼ねた収納スペースを確保することも多いです。好みに合わせて、見せる収納と隠す収納を組み合わせた造りにすることもあります。

壁一面に造り付け家具を設けて、リビングで使用するものを整理する収納を取り入れるのも人気です。見せる収納にはセンスが問われます。一歩間違うと、リビングがごちゃごちゃした印象になり、生活感も増してしまうのです。より多くの物を収納できるリビング収納にするには、リビングの背面に収納庫を配置するのです。室内から見えない収納スペースを作ることで、リビングの見た目をスッキリとすることができ、見せる収納のようにセンスが問われることもないのです。

見せたくない日用品や掃除機など大きさのあるものまでスッポリと収納できるリビング収納があると、急な来客時でも散らかっている物をサッとリビング収納へしまうことができ、お客様への対応もしやすくなるのです。これは主婦にとっては大きな味方と言えるのでしょう。リビングには、外出先で着ていた上着が脱ぎっぱなしになっていることも多いです。収納庫内にはコートクロークを設けておき、上着を一時置きできるスペースも完備しておくとより便利です。リビングに散らかりがちなものをきちんと整理できる収納スペースをしっかりと確保しておきましょう。

リビングと同じくらい重要な空間

住宅の中で誰もがリビングを重視することと思います。しかしこのリビングと同じくらい重要視されているのが洗面室です。今までは洗面室の一般的な広さは1坪と言われていました。しかし最近では1坪以上に広さのある洗面室が設けられることが多いのです。洗面室は、家族がいろいろな目的で使用します。

手洗いはもちろんのこと、ヘアセットやお化粧など身だしなみを整えたり、入浴の前後でも使用します。主婦にとってはここに洗濯機を設置することから家事を行う場としても使用するのです。家族がいろいろな目的で使用する空間であるだけに、作業が行いやすく、また着替えが行いやすく、家事が行いやすい空間であることが求められるのです。

まず広さがあれば大きさのある洗面台を設置することができます。大きさのある洗面台があれば、家族が2、3人並んで歯磨きをしたり、身だしなみを整えることができます。身支度に追われる忙しい朝でもこのような洗面台があれば、自分のペースでスムーズに身支度が行えるようになるのです。

また入浴の前後で使用する場所であるこの空間に、家族の下着やパジャマがあれば入浴前の事前準備も楽になります。これらを収納できるスペースを確保しておきましょう。最近では壁一面にオープンクローゼットを設けて、下着やパジャマはもちろん、タオル類など洗面室で必要な物をきちんと収納できるようにスペースを確保している家庭は多いです。またここで家事も行うだけに、洗濯関連用品もしっかりと収納しておきたいものです。

広さに余裕があればここに室内干しを完備して、雨の日などでもしっかり対応できるように環境を整えておくことができるのです。リビングと同じくらい重要視されるのも納得できると思います。

キッチン

住宅のテイストが多様化している中、キッチンスタイルも多様化しています。間仕切りなどで閉じられたキッチンではなく、リビングと一体化したオープンキッチンが増えてきました。オープンキッチンと言っても形は様々です。I型と呼ばれるタイプのキッチンをリビングに向かって配置する対面型タイプや部屋の中央に島のようにキッチンを配置するアイランド型など色々な形があります。

部屋の中にもってくるオープンキッチンは、お客様にも見せられるように美しくなければなりません。カラフルな人工大理石の天板や流し台、鏡のような輝きが特徴の収納の表面仕上げ材など、最近は家具のように魅せるキッチンが増えているのです。今まではキッチンで家事を行う母親の姿はいつも背中でした。母親と話をしたくてもリビングからでは会話がしずらく、キッチンで家事をする母親は孤独感を感じることも多いのです。オープンキッチンにすることで、家族がそれぞれ別々の空間にいても顔を見てコミュニケーションを取ることができ、家事をしている間もしっかりと家族の繋がりを感じることができます。

家族とのコミュニケーションが増えるだけでなく、好きなテレビ番組を見ながら楽しく家事を行えたり、リビングやその先の和室で遊んでいたり、昼寝をしている子どもにもきちんと目が届きながら家事が行えるのです。キッチンスタイルによってLDKの印象も大きく変わってきますし、家事の効率も変わってきます。それだけにキッチンスタイルは主婦にとって重要なのです。

憧れのウッドデッキ

私はウッドデッキのある家に憧れを抱いていました。室内だけでなくアウトドアリビングを楽しめる家というのは住宅への楽しみ方の幅を広げてくれます。実際に家造りを進めてウッドデッキの素材に非常に悩みました。ハードウッドの天然木を取り入れる家庭は多いです。ハードウッドであれば木材の中でも耐久性が高いです。天然の木材ならではの風合いや木の温もりを感じられるスペースが広がるのです。また使い続けることで経年変化を楽しみながら暮らすのもいいのではないでしょうか。

樹脂性のデッキを取り入れる家庭も最近では増えてきました。これは、木粉入りで木目もよく再現されており、見た目の印象は本当の木材のようなのです。一番の魅力は、腐らずメンテナンスフリーということではないでしょうか。湿気や雨に強く腐朽の心配がないのです。またシロアリも寄りつきません。半永久的に使用することができるだけに、こちらの素材の方が長い目でみると魅力が多いと感じる人が増えているのです。カラーバリエーションに富んでいるので外観のイメージに合った、また自分の好みの色味にも出会えるのです。まずは素材選びをしっかり行い、安全で快適に過ごせるウッドデッキを設ける必要があるのです。

室内の延長として楽しむことができるだけでなく、室内と庭を繋いでくれる架け橋的な存在にもなってくれるので暮らしをより豊かにしてくれることでしょう。実用性も高めたくて、この部分に屋外用の洗濯物干し場も完備しております。子どもが遊んだり、お茶や食事を楽しんだり、洗濯物を干したりと多目的に使用できるウッドデッキを設けて良かったです。

変化に対応できる子ども部屋

子ども部屋は子どもの成長過程に合わせて求められる空間のあり方が変わってきます。我が家には4歳と2歳の子どもがいます。この年齢の子ども達にそれぞれの個室を与えても子ども部屋でそれぞれ過ごすことはまずありません。これくらいの子ども達が求める空間は、のびのびと走り回れ、ゆったり遊べる子ども部屋です。そこで我が家の子ども部屋は二つの個室を設けるのではなく、広々ワンルームの子ども部屋にしました。

10帖の広さのある子ども部屋は子ども達が走り回ることができ、おもちゃを並べて遊びやすいのです。お友達が来た時もゆったりと遊べるので重宝します。小学生頃になると共に遊べて、共に勉強し、共に寝る子ども部屋が理想的です。個室になる一歩前の段階なので広々ワンルームの中央部分に家具を置き半個室空間を演出するのもいいと思います。個室になる練習にもなりますし、勉強するスペースと寝るスペースという風に空間を利用させることもできます。

中学生頃になると個室を必要とし始めます。将来的に二つの個室になることを想定してドアや窓、照明にコンセントなどは二部屋分設けておきます。そうすれば大掛かりなリフォームをすることなく二つの個室を設けることができるのです。また子どもが成長すると共に物も増えていきます。物は増えていきますが、空間は個室になり狭くなります。物が居住スペースに散らからないようにロフトを設けて収納スペースを充実させたり工夫が必要となってきます。子ども部屋はその時々にぴったりの空間にできるように考えるべきだと思います。

お部屋のお供

家電製品はめまぐるしく進化しています。我々の暮らしをより豊かにしてくれ、より便利さを追求した家電が多く出回っています。その中でも私が注目しているのがロボット掃除機です。販売と同時に急激に人気を高め、最近では、会話機能のあるものや、プラズマクラスターが搭載されているもの、本体内蔵カメラが撮影した室内写真を外出先からスマートフォンで確認できるものさえあるのです。

ロボット掃除機が人気を高めている背景には、共働き世帯の増加が挙げられます。今までは家事も育児も全てを女性が行うのが当たり前という世の中から、最近では家事も育児も積極的に男性が参加するのが当たり前になりつつあります。このような時代の変化に伴い共働き世帯が増えていることと、景気の悪化により女性も仕事をしなければ生活が送れないという現実的な問題もあるのです。

そんな中でも清潔さや健康への意識は高まっています。サッと取り出せ、こまめにお掃除をして清潔で健康に暮らせる環境を整えておきたいと考える人が多いです。このニーズに応えてくれるのがロボット掃除機なのです。家に居ない間に部屋をきれいにしてくれることで、気持ちよく帰宅できます。高額ですが取り入れる家庭は非常に多いです。スイッチを入れるだけでお部屋の状況を判断し、最適な清掃活動を選択し実行してくれるのです。

室内には家具やラグなど障害物も多いですが、さまざまな暮らしのシーンにピッタリの機能で室内の快適性を保ってくれるのです。一度手に入れたら手放せないという消費者が多いのです。これから益々の進化を遂げそうな家電の一つでもあるのではないでしょうか。

二階で過ごす時間

我が家の子ども達はまだ小さいので生活の中心は一階です。二階で過ごす時間はほとんどありません。せっかく建てたマイホームの二階はほとんど使われず、ただの荷物置きになってしまうのでは空間がもったいないのです。そこで我が家は二階で過ごす時間について考えてみました。階段を上がった先のホール部分を利用してファミリースペースを設けました。

ここの広さは6帖確保しました。今までは一階で寝ていたのですが、ここのファミリースペースで寝る前の時間を過ごすようになり、二階に設けた寝室で寝るようになりました。一階のリビングとは違った家族の時間を過ごせる二階のファミリースペースは設けて良かったです。ここには子ども達のおもちゃを並べています。昼間は子ども達の遊ぶスペースとして大活躍です。一階におもちゃが散らかることも防げているので一階のリビングはよりくつろげる空間が広がっています。

ここには空間にピッタリのカウンターを造り付けてもらいました。将来的にはここをスタディコーナーとして利用させる予定です。現在は旦那さんが持ち帰りの仕事をしたり、パソコンを使用するスペースとして利用しています。また子ども達が成長するとテレビゲームをしたりするようになります。お友達とゆっくりテレビゲームをしたり遊べるスペースがあるといいものです。

このファミリースペースは吹き抜けに面して設けられています。子ども達だけでこのスペースを利用しても声や気配が一階に伝わりやすく、バラバラの空間にいても身近にいる感覚が得られるのです。二階で過ごす時間も大切にしてみてはいかがでしょうか。

インナーガレージ

私の主人は車やバイクが大好きです。休日になると車やバイクをいじり趣味の時間を楽しんでいます。そんな主人が住宅に求めたことがインナーガレージが欲しいと言うことです。車やバイクをいじるだけでなく、趣味部屋のようにテーブルやイスを置き、大好きなそれらを眺めながらお茶を飲んだり、くつろげるようにしたいと言うのです。インナーガレージは男のロマンと考える人も多いです。最初はインナーガレージは主人だけが満足する空間にしか過ぎないと思っていたのですが、我々家族にとっても暮らしやすい家になるのです。

ガレージと住宅の距離を縮めてくれるインナーガレージは天候に左右されることなく車の乗り降りができるのです。我が家には小さい子どもがおり、その子を抱え買い物に行くのも大変です。帰宅した時は子どもを抱えるのと同時に買い物の荷物を抱える必要があります。インナーガレージであればこのような状況でもスムーズに荷物を室内へ搬入することができ、子どもとの買い物も苦になりません。子どもを抱えて雨が降った日の外出でも負担少なく出かけられるのです。

主人の要望はバイクや車を眺めながらお茶を楽しめることでしたので、そのスペースも設けました。あまり広々としたスペースは確保できなかったのですが、収納スペースを兼ねて設けました。休日はこのガレージで過ごす時間も長く、自宅に居ながら趣味の時間を楽しめるので非常に満足した住宅になっているようです。我々家族にとっても車と住宅の距離が縮まり、暮らしやすい家になったことで満足度が高い家となっています。